ホームサイトマップ問い合わせプライバシーポリシー
こたエール(東京こどもネット・ケータイヘルプデスク) 電話相談 ネット相談
ネット相談
依存
 
事例
 
相談内容(2017年12月・保護者・青少年女子)
子供にスマートフォンを持たせている。今はSNSが楽しいようで頻繁にSNSのチェックをしている。勉強にネットで調べ物が発生することは理解しているが、気が付くと動画サイトを見ていたりして、使い過ぎが気になる。何かあったら保護者がスマートフォンの中身を見ることは伝えてあるが、SNSにはパスコードを設定しているので見ることができない。

回答
家庭で決めたルールの見直しを勧める。ルールは使い方や年齢によって随時変えていくのが適切である。勉強時間にネットをしていることが気になるのであれば、一日24時間のスケジュールを決めて、その中でネットに費やす時間を決めるのが良いだろう。アプリごとに時間設定をすることも可能である。スマートフォンの中身を見ることについては、本人の承諾を得てほしい。これは内緒で見たものに問題があった時に、注意ができなくなってしまうのを防ぐために大事なことである。親子で一緒にルールを作ってほしい。

考察
スマートフォンやインターネットは将来に渡って不可欠であり、勉強、仕事、生活に密着していく道具である。その利用ルールを考えることは、自分自身の大切な時間をどのように使うのかを考えることにもつながる。親子で十分に話し合い、一緒にルールを作ることが望ましい。スマートフォンの使い過ぎやネット依存を防ぐために、利用時間を制限できる機能やアプリもあるので、保護者は賢く活用し、子供が自己管理しやすい環境を整えることも有効だろう。



相談内容(2017年9月・保護者・青少年女子)
新入学時からスマートフォンを持たせている。当初は、パスワードを共有していたので、中身を見ることができたが、変更してしまい見られなくなっている。ルールでは夜の利用時間を過ぎたら居間に置くことになっているが、夜中に居間から持ち出して利用しているようだ。子供のSNSの投稿を見ると深夜に利用している。どうすれば良いのか。

回答
ルールを見直して、守らせることが重要である。当初のルールを守れていない点を考えれば、スマートフォンの置き場所を変えるなど工夫も必要かもしれない。ルールは二重にしておき、守れなかった場合のルールを決めておくことを勧める。ルールを作る上では、「どんな時に、何のために使うのか」を親子で考えてほしい。学校には校則というルールがある、スポーツにもルールはある。これは皆が安全に安心して利用するために必要なもので、利用を制限しようというものではないことを理解してもらうことが必要だろう。

考察
スマートフォンを子供に持たせている家庭では、使い過ぎが大きな不安材料だろう。スマートフォンやモバイル端末があれば、音楽、ゲーム、勉強、友達とのコミュニケーションなど、日常生活のほとんどが1台で完結する。便利な反面、健康への影響は無視できない問題になっている。将来に渡って使い続ける道具であるからこそ、節度ある付き合い方を身につけていくことが大事である。そのためには、利用ルールについて、親子で納得の行くまで話し合ってほしい。よく話し合い、スマートフォンやインターネットと安全に付き合える環境を親子で築いていけることが望ましい。



相談内容(2017年5月・保護者・青少年男子)
動画サイトに夢中になっている。携帯電話会社のオプションで時間制限をしていたが、設定を操作し、隠れて使用していたようだ。その後、自分自身で時間を管理して行動できるように、約束をした上で時間制限を外した。学校から帰宅すると、トイレ、お風呂場、食事中も動画に夢中で自己中心的な生活になっている。以前、隠したりしたが、保護者の携帯電話を投げたり、逆に隠されたりして態度も口調も粗暴になっている。

回答
現在、親子で約束しているルールを紙に書き出すことを勧める。そしてルールが守れなかった場合のルールは何だったかも書き出してみる。これは本人に書いてもらうと良い。どのルールを守っているのか、どのルールが守られていないのかが明確に分かるだろう。ルールが守られていないならば、どう直せば守れそうなのかを一緒に話し合ってほしい。ルールは一度決めたらそこで終わりではない。ルールを決めたら実施して、ルールが守られているのかを確認し、守られていなかったら改良して、再び実行する、この繰り返しが大事である。ルールの作りっぱなしになっていないかどうかを、この機会に確認してほしい。

考察
子供に人気の動画だが、夢中になり過ぎることで、生活ペースが乱れたり、時間を浪費してしまうといった悪影響もある。楽しい世界だからこそ、振り回されることなく、利用時間を上手にコントロールできることが大事である。利用ルールは、子供自身が時間管理を行えるようになるための第一歩であり、保護者はルールを守ることの大切さを伝える役割があると考えてほしい。依存の心配を感じたら、1日の時間の使い方を記録し、親子でチェックしてみると良いだろう。客観的に見ることで子供自身が使い過ぎに気付けることが望ましい。



相談内容(2017年3月・保護者・青少年男子)
息子が勉強のストレスで現実逃避からゲームばかりやっている。現在は、ゲームのほかに音楽も聴きたいと言うので、1日の利用時間を決めてスマホを自由に使うことを許している。しかし、何時間利用しているかまで管理するのは難しい。最初に親子で一緒に決めたルールでは、夜12時までに就寝し、その際にスマートフォンをリビングに置く約束だった。ルールを守れなかったら解約するというルールも決めていた。しかし、毎日ズルズルと利用時間が延ばされている。ルールに従って解約すると伝えると暴れ出すのでまだ実行していない。どのようにすればルールを守れるようになるのか。スマートフォンを取り上げるのが正しいのか逆効果なのか、対応に迷う。

回答
親子で決めたルールを子供が守れなかったときには、ルールが適切だったのかを一緒に見直すことから始めると良い。守れないルールを作るのは現実的ではないだろう。ただし、スマートフォンは保護者の持ち物で、子供に貸し出しているものである。100パーセント本人の自由になるおもちゃではない意識を持ってもらう必要があるだろう。ダラダラと使い続けている状況であれば、メリハリをつけるために、時には保護者が預かることも必要である。時間制限のあるフィルタリングやタイマーアプリ、保護者がコントロールできる制限機能など、機械的な対策も有効である。

考察
新学期や新入学を迎え、初めてスマートフォンを手にする子供も増える時期である。自分専用のスマートフォンを持つことで、生活が楽しくなる反面、子供はゲーム、音楽、動画、SNSなどにのめり込みやすく、自覚症状がないまま急激に使い過ぎの状態に陥ることが多いので注意が必要である。スマートフォンもインターネットも、利用する目的を明確にしておくことが大事である。家庭で決めた目的以外の使い方をするときには、その都度、話し合いをして解決できることが望ましい。



相談内容(2016年6月・青少年女子)
通話ができるSNSアプリをダウンロードし、ユーザーとの通話で報酬を受け取れるサービスに登録をした。ユーザーから電話がかかってくると、それがランキングに反映され、ランキングが上がるとモチベーションが上がるので、続けていた。しかし、そのアプリに依存していたので、利用を止めようと思っているが、退会の方法がわからない。

回答
アプリの利用規約により、退会にはパスワードの入力が必要である。パスワードがわからない、失くしたなどの状況であれば、運営会社にその旨を伝え、退会方法を問い合わせる必要がある。サービスを使う時は、自分自身の意思で登録しているはずであり、利用を停止するのも自分の意思である。利用を止めたいと思うならばその意思を運営会社に伝えてほしい。

考察
インターネットは「人から認められたい」、「人と繋がりたい」という人間の欲求を簡単に解決してくれるツールであり、簡単であるがゆえに依存状態に陥る側面があるだろう。膨大な人と繋がることでストレスを感じることもあるかもしれない。このように、インターネットに振り回されないために、何のために使うのかという「目的」、日常生活が乱れないよう「利用時間」を明確に決め、瞬時の満足感を求めるのではなく、自分の意思と責任でインターネットを動かし、便利に正しく使ってほしい。



相談内容(2016年1月・保護者・青少年男子)
スマートフォンを食事の時も離さない。学校に遅刻するようになり、成績も下がっている。最近、授業中にスマートフォンを使っているのが見つかり、没収された。没収されたスマートフォンは保護者が預かっているが、先生から、ルールを決めて本人に渡した方が良いと言われている。本人にルール決めさせているが、父親に却下されている。母親にのみ暴力もふるう。息子は、自由がほしいと言っている。ルールを作るのに何をしたら良いのか、息子に対してどう接すればいいのか。

回答
ルールについては、このまま本人に決めさせるのが適切であり、さらに二重ルールにする。スマートフォンの利用に限らず、自由には責任が伴う。自由がほしければ、責任を持った行動が必要のはずである。まずは責任を持った行動として、生活態度の見直しが必要だろう。遅刻をせず学校へ行く、与えられた課題を期限どおりに提出する、先生や親との約束を守る。こうした行動をすることで、任せても大丈夫だと判断でき、自由も与えられるのではないだろうか。暴力については、110番、少年相談を勧める。警察は一般市民から見ると、怖くて敷居の高い存在かもしれないが、同じ過ちを繰り返してほしくない、正しく育ってほしいという強い思いで対応してくださるので、気軽に相談して良い。

考察
青少年のスマートフォンの所有は増え続けており、低年齢化、長時間利用の傾向も進んでいる。スマートフォンやインターネットを新たに利用する際には、長時間利用がもたらす日常生活への悪影響も親子で理解し、事前にルールを話し合うことが大事だろう。親子の信頼関係を損なわないためにも、ルール作りは必須である。すでに長時間利用が常態化してルールが守れない状態では、利用を止められることへの抵抗から、暴力に繋がるケースも少なくない。親子だけで解決しようとせずに、警察など公的機関の支援を受けることも有効だろう。



相談内容(2015年10月・青少年女子)
ネット依存気味である。勉強をしなくてはいけないと思いつつ、お風呂にもスマートフォンを持って行ってしまう。インターネットは、SNSの利用だけであり、アカウントを複数持っている。趣味、仲の良い友達との非公開のコミュニケーション、愚痴などで使い分けている。フォロー、フォロワーがたくさんいる。インターネットのことについて、親からは特別何も言われていないが、親の機嫌が悪い時、使いすぎだと言われる程度。成績も悪くない。

回答
SNSのフォローが多ければ多いほど、タイムラインに流れてくる情報量は多くなり、自分に必要ではないものも混じっているだろう。フォローの人数を減らしたり、必要のないことは投稿しないなどで整理すると良い。インターネットは公共の場所であり、書き込んだ瞬間に自分の手を離れる。愚痴は電話や直接会ったときに話せば良く、いずれは無くしてほしい。自分に必要なもの、何を優先すべきかを良く考えて、行動に移してほしい。

考察
スマートフォンやインターネットの利用時間が長くなると、睡眠時間や勉強時間の減少などにつながり、体調不良や学力低下につながりやすい。自分がネット依存・スマホ依存かも知れないと感じたら、自分の1日のスケジュールをすべて記録してみると良い。インターネットやスマートフォンを利用している時間がどれぐらいかを正確に捉えることが改善への第一歩である。



相談内容(2014年11月・保護者・青少年女子)
子供に専用のPCを買い与えた。最初に「長い時間やらないように」と約束したが、最近は勉強している合間にダラダラとPCを使い、勉強との切り替えができていない。学校の授業の宿題で調べ物をしたり、音楽を聴いたりして使っている。就寝時間は決めており守られている。

回答
最初にすべきこととして、子供の生活リズムを把握することが大事だろう。こたエールのホームページに公開している「睡眠&生活チェックシート」を使って、一定期間を決めて記録すると良い。子供本人も自分の時間の使い方が見えてくる。「何時間勉強して何分休み」というルールを親子で話し合って決められるだろう。ルールが決まったら紙に書いて張り出すことで意識させると同時に、守れなかった場合の罰則も親子で話し合って決めると良い。一度ルールが決まったら、それが守られているかをチェックする必要がある。揺るぎない姿勢を見せることも子供にとって大事である。

考察
子供と話し合って決めたPCやインターネットの利用ルールは、作って終わりではなく、子供がルールを守れているか、常に親自身も関心を持って見守り、チェックし、支援する必要があるだろう。親の目を子供が意識すれば、自分が約束を守らなければと感じ、ルールが守りにくければ不満をぶつけてくるだろう。親への不満は、子供と話す絶好のチャンスだと捉えたい。この会話のキャッチボールが親子の関係性をより良い方向へ導く方法であり、どんな発言であっても「まず聴く」姿勢が親に求められていることを忘れてはならない。



相談内容(2014年10月・保護者・青少年男子)
スマホは親が息子に貸し出す形で使わせているが、夜9時には返す約束をしている。このため9時まではスマホを手放さない。9時を過ぎると、自分で購入したゲーム機で夜中まで遊んでいるようだ。お風呂に入らないこともある。利用ルールは何度も話し合い作ったが、守れない。取り上げようとすると反抗的になる。こういう状況で、無理やり取り上げたほうが良いのか、取り上げないほうが良いのか悩む。

回答
ゲームをすること自体は悪いことではないが、健康被害や学業への影響が問題であることを本人に気づいてもらいたいので、ゲームの楽しみへの理解を示しつつ、再度、その付き合い方を話し合えると良い。最低限守ってほしい日常生活の約束事を設け、日常生活を続けるための利用ルールを息子さん自身に考えてもらい、ペナルティも本人に決めてもらうと良い。本人に考えてもらうことが大事である。こたエールのホームページに公開している「睡眠&生活チェックシート」も利用することを勧める。

考察
ゲーム依存は、長時間ゲームに没頭することで、日常生活や健康に支障が生じることが一番の問題である。ゲームに没頭するあまり、本来やるべきことを見失っていないか、本人が意識し、ゲームとの付き合い方をコントロールできることが望ましい。端末にフィルタリング、機能制限、時間制限などを導入することも有効である。一方、依存の背景には、学校での友達関係、家庭環境、思春期の悩みなど、子供がストレスを抱えているケースも多く見られる。改善が困難な場合は専門外来に相談することも大事だろう。



相談内容(2014年9月・保護者・青少年男子)
進学と同時に携帯電話を初めて持たせることになり、スマートフォンを買い与えた。ルールを決めて使うこととし、使用時間などを本人に決めさせ、約束を守れなかったときには没収などのペナルティも決めたはずだったが、現実には使いたい放題である。帰宅すると真っ先にゲームをやり、夜中までSNSをしていることがある。自分で決めたことなのに没収にも応じない。スマホを取り上げずに自主的にルールを守れる対策があれば教えてほしい。

回答
息子さん自身が決めたルールを守れないとすると、ルールが現実的ではなく、作った意味がなくなってしまう。そもそもなぜルールが必要なのかというところから再度、見直しと話し合いをする必要があるだろう。ルールは本人に考えてもらうことを勧める。自己管理だけでなく、フィルタリングや、利用時間を設定できる機能制限を利用するなど、機械的にできる対策も有効だろう。自由に使いたいのであれば、ルールを守れることを証明しなければならない。権利と義務はセットだという認識を持ってもらうことを勧める。

考察
ネット依存の問題は、子供の反抗期と時期が重なるケースが多く、子供本人よりも保護者や家族が対応に悩む事例が多く見られる。ネット依存は、長時間ネットを利用することにより、本来やるべきことに集中できなくなることや、健康被害、犯罪に巻き込まれる危険性があることなどを家族で話し合い、共通の認識を持つ必要がある。生活の中で今一番優先すべきことは何かを見極めながら、インターネットとの付き合い方の見直しをすることが大事だろう。フィルタリングや機能制限など、物理的な対策をとることも有効である。



相談内容(2014年7月・保護者・青少年男子)
息子にスマートフォンを持たせたが、すぐに激しい依存状態になりどうしたら良いか悩む。スマートフォンを持たせるにあたり、利用ルールを作り、守れなかったら解約することも話し合い、夜は強制的に電源を切るようにした。にもかかわらず、ルールは無視、取り上げようとすると暴力的になる。学校から帰宅するとすぐにスマートフォンを取り出してSNSのチェックが始まり、食事中もSNSをやっている。何通もメッセージが届き、読まないといけないらしく、やめる訳にはいかないと言い、一生懸命チェックしている。だんだん精神的にも疲れているようで、気力を失くしたように放心状態になっているときがある。このままではいけないと思い、スマートフォンを取り上げようかと思うが逆効果だろうか?

回答
最近問題になっている「SNS疲れ」の状態と思われた。しかしSNSは止めるわけにはいかないと主張しているのであれば、無理に止めない代わりに、勉強、睡眠、食事の時間をきちんととる、食事中はスマートフォンを触らないなど、生活するうえでの最低限のルールを守るように話し合うことを勧める。SNSもスマートフォンも生活に役立つ道具だが、それに振り回されたり、健康を損なっては意味がないので、賢く使いこなすことを考えてほしい。

考察
日常的にSNSを利用する人が増えたが、その使い方で悩み、トラブルを抱える人も増えている。SNS疲れという表現まである。SNSに振り回されないためには、メッセージの着信通知を一定時間休止したり、夜の時間帯は通知されないように設定するなど、工夫をすると良いだろう。あくまでも使い手は人間であり、自分達が不自由に感じる所は相手と直接会って、お互いに言葉を交わしながら最善策を考えることが大事だろう。



相談内容(2014年2月・保護者・青少年男子)
息子の携帯電話の使い方で、ずっと以前から注意してきた。食事をしている間等、母親が話していても、まったくこちらを見ることがなく、携帯電話の画面ばかり見て、メールを返すことに没頭している。その様子に対して、相手が話している時には相手の方を見る、それができないのは相手に対して失礼だとずっと注意してきたが、まったく意に介さない様子である。依存のレベルまで達しているのではと心配になることもある。

回答
充電器の置き場所、使う時間帯を何時にするのか、食事中や入浴中には絶対には触らない等、細かなルール作りを勧める。依存かもしれないとの不安に対しては、こたエールのホームページで公開している「睡眠&生活チェックシート」を利用することを勧める。また息子の友人、その家族で親しくしている人がいれば、その人達から各々の家庭での携帯電話・スマホの使い方の情報を得ることも有効だろう。

考察
インターネット利用に関するルールがない、守れていないのであれば見直す必要があるだろう。ルールを見直す際には、親が一方的に押し付けるルールではなく、子ども自身に宣言させるルールを作ってほしい。自分で宣言したものならば、責任感も生まれるだろう。インターネットは公共の場所であるが、子どもだからと誰もが配慮してくれるわけではない。自分を守る行為の第一歩は自らルールを作り、守ることだろう。



相談内容(2012年7月・保護者・青少年男子)
息子が小遣いで携帯音楽プレーヤーを購入してきた。最初は音楽を聴く目的だったが、日が経つにつれて友達とオンラインゲームに没頭。インターネットへのアクセスはWi-Fiルータ経由である。機器にロックをかけて見られないようにして、充電器も部屋に持ち込んでいる。これからさらにゲームに熱中するあまり、勉強が疎かにならないか心配。

回答
小遣いで購入した携帯音楽プレーヤーだったが、余りに没頭していたため約1週間保護者が預かり、家族で話し合い誓約書を書かせたが、現在は守られていないとのこと。早急にすべきこととして、誓約書の内容をチェックし、すべてが守られていなかったらペナルティを与えるように伝えた。Wi-Fiルータについては、フィルタリング機能を付加した製品が販売されているので検討すると良い。インターネットに接続できる機器を自分ひとりで安全に使いこなせるようになっていかなければならない。そのためには保護者がアドバイスを適宜与え、見守るべきところは見守ってほしい。

考察
子供が熱中しているゲームはどんなゲームか、対戦ゲームである場合にはどこの、誰と遊んでいるのか等、子供が接している環境に関して保護者は常に関心を持っている必要がある。さらに何らかのルールを親子間で取り決めたなら、それが守られているのか、守られていなければ改善すべき所はどこかを注意して見守り、常に改善する必要があるだろう。



相談内容(2012年3月・青少年・女子)
ネット依存症になってしまった。パソコンがないと落ち着かない。でもそうするとあまり勉強する暇がなくなる。どうしたらよいか。

回答
パソコンやネットは、利用自体は悪いことではないが、利用時間が長くなることによって、寝不足になったり、生活が不規則になったり、勉強に集中できなくなったり、いろいろ悪影響がある。何より、使ってしまった時間は取り戻せない。パソコンの利用時間について、1日を振り返って書き出してみるとよい。それだけの時間、パソコンに出会う前は、パソコンがなくても楽しく過ごせていたはずである。一度、思いきって、パソコンを保護者の方に預けてみてはどうか?少しの間パソコンから離れた生活に戻すことが必要だと思われる。自分はパソコンに振り回されない、と自信ができたらパソコンを何のために、何時間使うのかを最初に決めてから利用するとよい。

考察
子供だけではなく大人も、パソコンやネットにはまる人が増えている。ただ漫然と利用するのではなく、常に目的を持ってパソコンやネットに接することが何より重要である。どのようにインターネットを使いたいと思うのか、子供自身が自分の言葉で話せるような場を持つとよい。そうすることで、家庭でのルール作りのヒントが見えてくるはずである。限られた時間をインターネットに泥棒されないためにも、家族全員で一度見直しができるとよい。



相談内容(2011年9月・保護者・青少年女子)
娘が携帯電話を片時も離さない。特に友達からのメールに過敏に反応し、メールが来ると何をしていてもすぐに返信しようとする。メールでの誘いを断れずに出かけて行く。メールの返信も誘いも、無理せずに断ればよいと思うのだが、「できない」という。なぜなのか?あまりにもひどいので、料金は自分で払わせようと思っている。バイト代やお小遣いで払える範囲で使うようにと言おうと思っているのだが、それでよいか?

回答
友達同士の間で、電話は何秒以内にとるとか、メールは何分以内に返信するといったルールを作り、携帯電話を離せない青少年が多いことを話した。無理なルールでお互いを縛るようなことは本当によい付き合いとはいえず、自分も相手も辛いはずなので、できれば友達同士で「もうやめよう」という話ができるとよい。料金を自分で払うことで、節度を持った使い方ができるようになるはずとお話した。

考察
青少年にとって、携帯電話は友達とつながるための大事な存在になっている。一方で、友達同士での携帯電話のやり取りのルールに常に縛られ、神経をすり減らし疲れを感じているケースも見られる。友達とメールアドレスを交換するときには、それぞれの家庭に利用時間や料金の約束事があり、メールを利用できない時間帯もあることを尊重し合えるのが望ましい。そうした友人関係を築くことがトラブル回避にもつながる。



※ ここに掲載してある相談事例は一つの参考例として掲載したものです。
    同じようなトラブルであっても、個々の状況が異なるため、解決内容もそれに従い違ってきます。


 
Copyright 2007-2017 TOKYO METROPOLITAN GOVERNMENT ALL RIGHTS RESERVED.
  東京都 東京こどもネットケータイヘルプディスク