東京都 東京こどもネットケータイヘルプディスク
ホームサイトマップ
こたエール(東京こどもネット・ケータイヘルプデスク) 電話相談 ネット相談
ネット相談
有害情報
 
事例
 
相談内容(2015年5月・青少年女子)
携帯端末でSNSを見ているうちにURLをクリックしてしまい、アダルトサイトに繋がってしまった。18歳未満利用禁止と書かれていたので、怖くなってブラウザを閉じた。その後もう一度確認しようと思い、同じサイトを開き、今度は「18歳以上」の確認の画面で「いいえ」を選ぶと、そのサイトから離れることができた。しかし、有料アダルトサイトに入った時点で料金が発生することはないだろうか。

回答
有料契約が成立するには、事業者と利用者の双方で意思確認をする必要があるので、サイトを開いただけで説明もなく料金が発生することはない。もしそのような状況になったとしても、契約は成立していないので請求は無効である。相談者は有料サイトの入口で引き返したことになる。ルールを守って「いいえ」を選んだ結果なので、何も心配要らない、これからも安全にインターネットを利用してほしい。

考察
有料サイトに繋がってしまったが、トラブルには発展しなかった事例である。インターネット上には落とし穴がたくさんあり、意図せず危険なサイトに誘導されてしまうこともある。そのような場面で重要になるのが、ルールを守って安全な行動をとる意識である。サイトの利用規約、年齢制限などは必ずチェックすることが大事である。ルールを無視した利用、不用意なクリックこそがトラブルに出会う原因だと言える。



相談内容(2015年4月・保護者・青少年女子)
知らない人からSNSに届いたメッセージに返事をしてやり取りを始めてしまい、携帯電話のメールアドレスを教えてしまった。相手からブログのURLが付いたメールが送られてきたが、ブログの内容を見るには空メールを送って会員登録しないといけないので、空メールを送った。返事に書かれていたとおりに誘導され、年齢などを登録した。その際、18歳以上と偽った。その後、登録完了メールが届き、出会い系サイトだったと判明した。退会するべきだろうか。

回答
出会い系サイトに空メールを送信しただけで登録されていることや、18歳以上であることの身分証明の手続きが踏まれていないことから、これ以上関わらないほうが良いと思われる。退会手続きをしたとしても、メールアドレスがサイト側に伝わっているので、今後、知らない人からのメールや、迷惑メールが届く可能性があり、退会したから安心というわけではない。メールアドレスを変更していっさい関わらないことを勧める。

考察
知らない相手からのメッセージに反応したことで、出会い系サイトに巧みに誘導されてしまった事例である。送信元が不明なメッセージは、迷惑メールと同様に無視することが基本である。連絡方法がSNSに変わったとしても、対応は同じだということをしっかり身につけてほしい。また、18歳未満の未成年者が出会い系サイトを利用することは禁止されている。サイトのルールを守って利用することが、トラブルを回避しながら安全にインターネットを利用する基本であることも忘れてはならない。



相談内容(2014年12月・青少年女子)
ゲームサイトを利用していたときに、意図せず出会い系サイトに誘導され、気づかずにサイトに空メールを送ってしまった。メールが届いたが18歳未満は利用できないことを知り、初めて危ないサイトだと気づいた。サイトにはアクセスしなかったが、大量の迷惑メールが届いている。お金を請求されるのだろうか。

回答
18歳未満は利用できないことを知り、有料であることに同意をしておらず、登録をしていないのであれば、有料契約は成立していないと考えられる。支払いの必要も退会の必要もない。ただし、最初の空メールを送ったことによって、相手にメールアドレスは伝わっている。今後もメールが届くかもしれないが、有料会員の登録の覚えがないのであれば、メールは無視をし、迷惑メール対策により不必要なメールの受信拒否をすると良い。

考察
空メールを送ったことにより、出会い系サイトからメールが届くようになったというトラブルである。このようなケースでは、知らないうちに出会い系サイトに登録され、利用していたという青少年も見られる。出会い系サイトでは、サイト内のメールサービスを利用するたびに課金され、予期せず高額な料金請求を受けるなどのトラブルも多い。青少年は怪しいと思ったサイトには決して近づかないこと、怪しいメールには返信をしないことが大事である。



相談内容(2013年11月・保護者・青少年男子)
息子がスマートフォンで公式有料アダルト動画サイトに登録してしまい、高額の料金請求が来たと相談してきた。息子にはとことん無視しなさい。メールも拒否してほっときなさいと言ってある。本人も反省しているがこのようなサイトをどうにかできないのだろうか。

回答
このようなサイトの運営者に問題があることは間違いないのだが、サイト内に書いてある料金の説明や利用規約をよく読み、次へのステップを踏まないことでトラブルは未然に防げたかもしれない。そして、フィルタリングを利用していればアクセスを回避することもできた。より安全に、安心してスマートフォンを利用するために、フィルタリングの利用を勧める。しかしフィルタリングサービスを利用していたとしても、今回のようなトラブルを100%回避できるわけではない。少しでも怪しいサイトに入ってしまったら、すぐに前の画面に戻る姿勢を忘れないでほしい。

考察
不当に料金を支払わせようとするサイトが後を絶たず、インターネットの利用においても自分の身は自分で守るという姿勢を取らざるを得なくなっている。子供が一人でスマートフォンやインターネットを利用する機会が増えている現在、子供を危険から守るために、各家庭でトラブル回避のための話し合いの時間を持つことが、より重要になってきている。ネットの危険について家族全員でよく理解し、トラブルに出会ったときの対応を共有しておきたい。そして、トラブルに出会わないための物理的な予防策の1つがフィルタリングであろう。



相談内容(2013年9月・保護者・青少年)
子供が1人で動画投稿サイトにアクセスしていた際、有料登録完了のポップアップが貼り付けられた。高額な登録料を支払うように書いてある。子供は身に覚えがないのだがなぜこんな事態になってしまったのか?フィルタリングをかけるとこのような事態を防ぐことはできるのか。

回答
動画投稿サイトのように見えるサイトで、アダルトサイトや出会い系サイトの登録画面に誘導されるトラブルがある。パソコンの画面に登録や請求の画面が表示され、高額な料金を請求し、さらにその画面が貼り付いたまま消えないケースもある。同じようなトラブルにあわないためにも、フィルタリングの利用が勧められる。フィルタリングとはフィルタリングサービス提供事業者が、一定の基準に従ってサイトを分類している(例:アダルト、出会い、暴力など)。その分類結果ごとに「見られる、見られない」を利用者側で設定をするもの。日々新しいサイトが作られているため、フィルタリングを利用していれば100%安全だとは限らないが、青少年にとって不適切なサイトはブロックすることは可能である。フィルタリングのほか、パソコンでウイルス対策ソフトが最新のバージョンに更新されていることもこの機会に確認すると良い。

考察
「東京都青少年の健全な育成に関する条例」で保護者の責務として、フィルタリングソフトウェアやフィルタリングサービスを利用することで、青少年がインターネットを正しく使用するよう的確に管理することを掲げている。つまり子供がインターネットを利用し、どのようなサイトを見ているのかを常に保護者として把握する必要がある。パソコンや携帯電話、スマートフォン等のツールを子供が使い始めたら、そこからが保護者の関心を向けるべきスタート点だと意識してほしい。



相談内容(2012年12月・学校職員・青少年男子)
学校の生徒が出会い系サイトにアクセスし、多くのメールが届くようになっている。退会したと本人は言っているが多数のメールに対処ができない様子。興味もあるため、アドレスを変更するように話しても行動に移せない。また届いたメールに返信した際にポイントがやり取りされていた。課金も発生したのではないかと危惧している。課金が発生したかどうかを知ることはできるか?

回答
出会い系サイトを利用した結果、児童が犯罪に巻き込まれるケースが非常に増えている。これ以上サイトに近づかないように指導してほしい。一度メールアドレスを知られてしまうと、退会後も請求されたり、ほかのサイトに誘導するメールが送られてくる等のトラブルが増えている。危険なメールを受け取らないために、迷惑メール防止設定か、アドレス変更の対処を勧める。課金については、利用したサイトの正確な場所を確認し、サイトの料金表をもとに確認するとよい。また、出会いサイト規制法において、運営側は利用者が児童でないことの確認をしなければならない。身分証明書等を送ったかどうか、クレジットカードの登録をしたかどうかも確認するとよい。しかし、不当に高額なお金を請求する悪質な業者も増えているため、たとえ課金されている状況だとしても、支払い義務の有無がはっきりしない段階では、お金は支払わない、メールを受け取らない、受け取っても開かない、返信しないこと。

考察
出会い系サイト規制法における年齢確認は、児童を守るために事業者に課された義務であり、年齢確認がきちんと行われていれば児童は利用できないはずである。しかし、 占いサイトや懸賞サイトなど、無料のサービスをきっかけに、意図せず出会い系サイトに登録され、トラブルが深刻化してしまうこともある。こうした危ないサイトが存在するという知識を持ち、興味があっても近づかず、巧妙なメールにも反応しないように注意してほしい。



相談内容(2012年8月・青少年男子)
インターネット上で検索をしていて、ある画像を見つけた。そこには「この画像を1時間以内にほかの場所に貼り付けないと、恐ろしいことが起こる」というような文章が書かれてあった。どうしたらいいのか?

回答
このような書き込みは悪質ないたずらであり、恐ろしいことは何も起きない。書かれていることは、読んだ人の不安をあおることを目的としたいたずらである。怖がって別の場所に貼り付けてはいけない。ほかの場所に貼り付けることによって、それを見たほかの人をまた怖がらせてしまうことになる。ほかの人がさらに別の場所に貼り付けてしまうと、その画像と文章がどんどん増え、怖い思いをする人が増えてしまう。迷惑行為に加担しないためにも、画像も文章も無視してあなたの所で止めてほしい。

考察
怖い画像や文章で読んだ人を怖がらせ、別の場所にさらに広めようとするのは迷惑行為である。いたずらの書き込みだと思わずに信じて不安を感じてしまう青少年は多いが、別の場所に広めることによって自分自身が迷惑行為をしてしまうということを理解する必要がある。このような画像や文章を見たら、ひとりで判断せずに周囲の大人に見てもらうことが大切である。大人は、対処方法とともに、インターネットを利用するうえでのルールとマナーを適切に指導できることが望ましい。



相談内容(2012年6月・青少年女子)
ケータイ小説サイトに出ていた広告から在宅ワークのサイトに入り、登録した。登録時に氏名、メールアドレス、電話番号を入力した。その後、電話があり住所、仕事ができる時間帯などを聞かれたが答えずに切った。パソコンでその運営会社の情報を調べると、詐欺サイトだという情報が多数見かり、怖くなった。住所を調べられないか不安。

回答
インターネット上で、その運営会社の副業詐欺の被害情報を確認。すぐに気がついたのは幸いであり、サイトと関わらなければ心配ないと伝えた。メール、電話の受信拒否、心配であればアドレス変更で対処することを勧めた。サイトに伝えた個人情報から住所が特定される可能性は低いこと、この種の相談は多数寄せられていることを話すと安心したようだった。

考察
インターネットの世界では個人情報と呼ばれる氏名、メールアドレス、電話番号、住所等に高い価値があるとされている。従って個人情報を手に入れる目的で、いろいろな仕掛けが設けられているのを常に意識しなければならない。個人情報を入力する場面に出会ったら、慎重な姿勢が必要であり、自分だけで判断できない場合は必ず周囲の人に相談する習慣を持つべきであろう。



相談内容(2012年5月・青少年女子)
小説サイトで、続きが読みたい場合は登録をするとパスワードが発行されるようになっていた。パスワード発行のURLをクリックすると登録画面になり、名前とメールアドレスを入力したのだが、直後から、気持ち悪いメールがくるようになり、退会の手続きをしたら1カ月かかると返事があった。怖くなってメールアドレスを変更した。サイトの利用規約を見ると、18歳未満はメッセージのやり取りができないと書かかれており、そのサイトは出会い系のようである。利用していないが、ポイント制と書かれており、お金を払わなければいけないのかも心配である。

回答
出会い系サイトは法律で18歳未満の利用を禁止しており、利用してはいけないこと、登録時に年齢確認もなかったようなので、正しく運営されていないサイトであることを説明。利用規約を読んでも、どのように料金を支払うのか書かれていないので、料金を支払うすべもなく、メールアドレスと氏名しか伝えておらず、メールアドレスを変更しているとのことなので、今後は無視をするようにと助言。退会などの問い合わせをすると、せっかく変更したアドレスをまた知らせることになるので連絡もとらないように、また今後は安易に個人情報を入力しないよう助言した。

考察
出会い系サイトへ近づかないように注意していても、そこへ誘導する仕掛けが潜んでいる事例。懸賞・着メロ・ケータイ小説・占いなど、登録は無料だからと思いメールアドレスを登録すると、途端に迷惑メールが大量に届く場合がある。トラブルにあわないために届いたメールは即刻削除に徹するのが大切である。さらに決して相手に連絡をとらないことも覚えておくとよい。



相談内容(2012年3月・青少年女子)
メールをするだけで1時間5000円位稼げるという小遣いサイトを見つけた。しかしサイトでメールするとお金を取られた。儲かる話しばかり持ちかけてくるが、意味もなくお金を使わされる。

回答
小遣いサイトはたくさんあるが、個人情報を集めることが目的だったり、ほかの出会い系サイトに誘導してお金を使わせるといった悪質なサイトも増えている。怪しいと感じたら、さらなるトラブルに発展させないためにも利用はやめたほうがよい。

考察
小遣いサイトへは、ブログや占いサイト、迷惑メールなどがきっかけで誘導される。一見すると怪しいサイトには見えないこともあるが、運営会社、利用規約、年齢制限、プライバシーポリシーなどをよく読み、慎重に行動しなければならない。ネットに限らず、青少年が安易に小遣いを稼ごうとする行為には危険が伴う。一人で行動せずに保護者に判断を求めることが家庭内ルールとして徹底されているとよい。



相談内容(2012年2月・保護者・青少年女子)
娘に携帯電話を持たせ、フィルタリングをかけてルールを守って使わせていたが、夜中に頻繁にメールが来るようになり、見てみると男子からのメールで、下半身だけの写真の交換をしていた。普段から厳しく注意していたにも関わらず言うことを聞かないので携帯電話は取り上げた。すると今度はPCで裸の写真の投稿サイトを見ている。以前はPCにパスワードをかけて子供だけではログインできないようにしていたが、勉強用にインターネットを利用しており、親も留守にすることが多くなったため、パスワードを解除していた。パソコンでも携帯電話と同じように閲覧制限をかけることはできないか?

回答
PCの閲覧制限について説明した。各社が提供しているフィルタリングサービスの特徴を比較して、家庭に合ったものを選ぶとよい。相談者は普段からネットの危険について子供に注意しているが、「危機感をもって聞いてくれない」とのこと。厳しく制限しすぎるとトラブルにあったときに親に話せなくなる子もいるので、困ったときにはひとりで抱え込まないようにという指導も必要だと話した。

考察
メールでのわいせつな写真の交換や有害サイトの閲覧は、ケータイ使用ルールの徹底、パソコンでのフィルタリングの導入など、子供に持たせる機器を保護者が管理し、使用状況を見守ることで防げることである。そのためには保護者が正しい知識を持っていることが不可欠である。正しい知識に裏付けられた指導によって、子供にも自覚と責任が芽生えることが望ましい。



相談内容(2012年1月・青少年・女子)
携帯の副業サイトに登録したところ、後で出会い系サイトだと分かった。大量のメールが届き、何人かの男性のメールを閲覧したり返信してしまい、ポイント料金を請求され、数万円を銀行振り込みで支払った。銀行の口座番号も教えてしまった。口座を教えたのはまずかったと思い、口座の解約に行く予定である。メールアドレスも変更した。その後はメールは来なくなったのだが、サイトの人が家に取り立てに来たり、警察が捜査に来たりしないか不安。

回答
メールアドレス変更後は支払い催促のメールは届いていないとのことだったので、自分から連絡をしなければ、今後はもう何も起こらないと説明した。未成年の出会い系サイトの利用は禁止されており、今後は2度と利用しないように注意した。副業サイトのほか、懸賞サイト、占いサイトなど、メールアドレスが収集される場面は多数ある点も説明した。支払ってしまったお金については、国民生活センターにぜひ相談してほしいと話した。

考察
副業サイトだと思ってアクセスした結果、出会い系サイトの利用につながってしまった事例。副業サイトを安易に利用してしまった点は反省すべきだが、悪意を持った大人がこのような判断能力が十分でない青少年をトラブルに追い込んでいることも事実である。保護者に話せずにお金を振り込んでしまうことや、さらなる危険から子供を守るためにも、普段から家族でネット利用について話し合う機会を持ってほしい。



相談内容(2011年12月・青少年・女子)
掲示板で怖い書き込みを見た。内容は「この文章を見た人には、身の回りでとても悪い事が起こる。悪い事を起こさないためにはこれと同じ文を違う所に5回書き込んでください」というもの。悪戯だとは思うが不安である。前にもこの文章を見た後にいやなことがあった。これは、文章を見たことが幽霊にばれたのではないかと思う。両親は悪戯なので気にするなと言うが本当のことを知りたい。

回答
掲示板内の書き込みを確認し、やはり悪戯だと回答した。ネット上では誰もが思ったことを自由に書き込めるので、面白半分で無意味なことを書く人も大勢いると説明した。もちろんいけないことだから真似はしないようにと伝えた。この掲示板への書き込みには幽霊の仕業という根拠がなく、悪戯と考えてよいと話した。

考察
チェーンメールと同様に、見た人の不安を煽り、不適切な書き込みを広めようとする悪戯にあった事例。この相談者のように、悪戯の書き込みだと思わずに信じて不安を感じてしまう青少年は多い。ネット上では匿名性を利用して面白半分に書き込む人もいることや、そのような場面に会った場合の対処をしっかりと身につける必要がある。



相談内容(2011年5月・保護者・青少年男子)
青少年に悪影響を及ぼすような内容のブログを見つけた。そのブログを閉鎖してほしいと、運営会社に何度も報告したが閉鎖されず、削除依頼にも対応しない。運営会社の電話番号の記載もない。どうしたら削除できるのか。

回答
法律違反、サイトの利用規約に反しているのであれば削除は可能であると思われるが、基本的にはサイト運営会社で判断がされる。書き込まれている内容がモラルの問題であれば削除は難しいと伝えた。なお、対策として、子供に見せたくないサイトは、フィルタリングを導入することでアクセスを防げることを説明した。また、インターネット上のサービスは電話番号を記載していないところも多くあり、メールでのお問い合わせが一般的であることも説明した。

考察
保護者から見て子供たちに悪影響を及ぼすと思えるサイトについて厳しい意見を寄せてくる事例が見られる。その場合、明らかに違法であれば削除は可能であると考えるが、はっきりと断定できず、保護者の不安が募る例が今後も増えると考えられる。そのような場合には、パソコンやケータイのフィルタリングを活用することで、有害情報から青少年を守ることも1つの解決方法であることを勧めていきたい。



※ ここに掲載してある相談事例は一つの参考例として掲載したものです。
    同じようなトラブルであっても、個々の状況が異なるため、解決内容もそれに従い違ってきます。